歯科衛生士が求人を見るときに最も気をつけるべき裏話とは?

あなたは今、歯科衛生士として
新たな仕事場を探しているのだと
思います。

「どんな人がいるのだろう?」

「面倒だったら嫌だなぁ」

「プライベートも捨てたくない」

など、色々なことが頭の中を巡って
いるのかもしれません。

そんなあなたは、現在考えることが
多くて正常な判断が出来ていないかも
しれません。

そこでこの記事では、歯科衛生士として
就職先を選ぶ時に、注意するべき点に
ついてお話しします。

これを知っておくだけで、
多くの人が失敗している難しい就職活動
もスムーズに行えるようになります。

歯科衛生士求人マーケティングの巧妙な仕組みとは?

皆さんは学校で職場を探す際に、
気を付けることとして

「社会保険」「厚生年金」

について指導を受けたと思います。

この説明自体は非常に真っ当な話で
何も間違ってはおりません。

ただ、

歯科業界の現状として、
多くの歯科医院ではそれらの整備が
まだ出来ていません。

とくに臨床が好きで腕のいい先生の多くは、
毎日の仕事を優先する傾向にあるので
整備をしていません。

また、そのような先生には
その腕を信用したスタッフが長く
勤務していることが多いです。

そして、結局また整備が遅れます。
しかし、スタッフが不満を抱えているかと
思いきや、意外に満足しています。

やはり、臨床内容がいいからです。

仕事はお客様に良いものをご提案して
初めて成り立つものですからね。

ところが一方、

そうではないクリニックも残念ながら
あるわけです。

あなたもそのような部分が嫌で、
現在職場を探しているのではないですか?

でも、また似たようなことに巻き込まれて
しまいがちですよね?

なぜこのようなことが起きてしまうのか?
それは

「歯科衛生士求人マーケティング」

が悪用されているからです。
いったいこれはなんでしょうか?

歯科衛生士求人マーケティングという誰も知らない闇とは?

歯科衛生士の卒業生の多くが、
「社会保険」「厚生年金」の完備された
クリニックへの就職を推奨されています。

これは「昔」もそうだったと思いますか?

皆さんがこのような説明を受けていること
を知っていて、

「社保完備」が整えられる資金力がある
大きなクリニック(クライアント)を
持っている存在がいます。

「歯科医院経営コンサルタント」です。

あなたの学校の先生に就職指導を教えている
人はどのような方でしょうか?

あなた自身に就職指導をしてくれた人は
どのような人でしょうか?

彼らの背後にはどのような「人たち」が
つながっているでしょうか?

彼らのマーケティングのカモに
多くの歯科衛生士がされています。

歯科衛生士は求人からカモれという驚きの計画とは

歯科衛生士が一番最初に考えなくては
いけないことは、「患者様のこと」の
はずでした。

そこにマーケティングを持ってこられ、
「保証」と「安全」を握らせました。

臨床の出来る「人財」としての成長よりも

医院の成長のための「人材」になるよう
指導されてしまったのです。

そもそも何かを投じなければ、成長と
いうものは生じません。

その不安な気持ちに「安全」「安心」を
送り込んで言うことを聞かせます。

そして、数年かけて「社保完備」とだけ
掲げれば寄ってくる人たちの大量生産に
成功しています。

そして、そのような人たちが集まる場所
なのですから、当然良い環境である訳が
ありません。

歯科衛生士求人の負のスパイラルから抜け出す方法はあるのか?

あなたが臨床が出来るようになった
と感じられるのには、どれくらいの症例数
が必要でしたか?

5?

10?

「バカにしないで、もっとやったわよ」
そう思いますよね?

就職も同じです。

いくら転職の回数を重ねたとしても、
その経験値はたかが知れています。

ですから、歯科衛生士の転職について
サポートしてくれる人に頼んだ方が、
上手くいく確率はグッと上げられます。

「ジョブメドレー」などは最近、急激に
求人数を伸ばしていて多くのケースに
対応しているようです。

・キャリアカウンセラーに相談できる
・求人案件数が日本最大級で探しやすい
・お祝い金ももらえる

といったメリットもたくさんあるようです。
一人で悩む人を少しでも助けたい。

そのような優しい会社のようです。
こちらから登録してすぐに悩みを解決して
みてくださいね。

ジョブメドレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*